斬新すぎる浮気

人気記事ランキング

ホーム > 金融 > リボ払い支払シミュレーションから見る甘い罠

リボ払い支払シミュレーションから見る甘い罠

クレジットカードの支払い方法は主に3つあります。

 

1つは翌月にまとめて一回で支払う方法、2つ目は借入時に分割回数を決めて支払っていく方法、そして3つ目がリボルビング払いです。

 

リボルビング払いは支払い回数を決めず、毎月の支払額を予め決めます。返済額は借入額によらず、定額なので複数の買い物をする方を中心に人気がある支払い方法です。

 

ただし、リボルビング払いについてゃ返済が定額ということもあり、借金をしている感覚が緩くなったり、借金がどれだけ減っているのか分かりづらいと言われています。

 

そのため、各ローン会社では借金である借入額の支払シミュレーションを用意して、返済額による総支払額のシミュレーションを行える場合が増えています。

 

リボルビング払いは他の支払い方法に比べて総支払額への関心が薄くなる方が多く、多重債務になりやすいとも言われており、自己防衛のためにも支払いをどんどん早めることが推奨されています。

 

リボルビング払いの特徴の1つは定額払い、もう1つはいつでも返済額を増やせることです。他の支払い方法と最も違う点は借入時以外に、借金を返した際にも金利計算が行われることです。

 

金利計算を借金の総額の変動に合わせて行うことで毎月の定額払いに対応できるのですが、一部繰り上げての支払いもできるので金利の面からも生活に余裕が出たらどんどん返すことが重要になります。

 

リボルビング払いは一見便利な方法ですが、元本がなかなか減らない方法なので注意が必要です。

 

上手に借金を返済する方法を前提に考えるなら二度とリボ払いという選択肢は考えない方が良いでしょう。